ユーザーのロイヤリティが向上するカスタマーサポート

カスタマーサポートに問い合わせするユーザーは、何らかの不満を抱えているケースが多いです。機械的な対応ではサービスに対する不信感が募り、解約リスクが高まります。
また現代においてはSNSへの投稿から拡散の可能性も意識しなくてはなりません。
アディッシュでは一人ひとりのメンバーが「ユーザーと直接の接点を持つ担当者」という意識を持つ教育をしています。アクティブユーザーの維持を目標にし、カスタマーサポートからユーザーのロイヤリティ向上を目指します。

高品質の運用

アディッシュでは、従業員が自発的にサポート品質を向上させていく体制を整えています。
お客様の顧客となるユーザーの問い合わせに対して高いホスピタリティを発揮させるために必要なのは、従業員のES(Employee Satisfaction)を向上させる環境づくりと考えています。従業員一人ひとりの将来像を描きなら活躍の場を広める活動をし続けてきたことで、長期で働く人員が増え、様々なお客様のサービスに対応するノウハウを蓄積しています。
その品質は国内だけでなく海外のお客様にも認められ、カスタマーサポート領域における世界No.1を目指して、さらなる品質向上を進めます。

取り組みの一例

個人・チームのスキルアップ各役職に向けた社内研修・外部研修キャリアパスプラン
長期的に働きやすい環境づくりサービスに適した採用
運用の改善
・ユーザーログの調査等によるエスカレーション低減テンプレートの無償整備
・レポートの作成・分析・改善提案国内4拠点、海外1拠点の品質の並列化
先端技術の導入
世界のカスタマーサポートツールの導入
人工知能・チャットボットの研究

高品質の運用

多言語運用

日本語だけでなく、東アジアや欧州言語のネイティブスピーカーによる10言語のカスタマーサポートを運用します。 どの言語からでも和訳することができるため、社内に言語が分かる方を雇用せずに現地語でのカスタマーサポートをすることが可能です。

契約形態 専属チーム席数契約、共有チーム件数契約、SV(スーパーバイザー)・OP(オペレーター)派遣
チャネル 電話、メール、チャット、SNS(Facebook、Twitter、LINE、NAVER、Instagram等)
対応言語 日本語、英語、中国語繁体字・簡体字、韓国語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、 スペイン語、ポルトガル語、等
プラットフォーム AppStore、GooglePlay、amazon、Steam、GREE、mobage、Yahoo!mobage、 mixi、PCブラウザ全般、PS全般、等
メーラー TechnomarkMail、MatchContactSolutions、RightNow、MailDealer、MailWise、 Zendesk、HelpShift、など
エスカレーション管理ツール Redmine、Jira、Porto(adish開発ツール)
チャット(対クライアント様) Slack、Chatwork、Skype、など

関連ページ