圧倒的に準備が簡単。多言語での運用も可能チャットボット カスタマーサポート

カスタマーサポートの初期対応を弊社開発ボットツール・hitoboが実施。有人対応への切り替え、その運用代行も可能です。

カスタマーサポートへの問い合わせ数を減らす施策として、FAQやチュートリアルなどの充実が挙げられます。最近ではチャットを導入し、初期対応をボットに任せるサービスが増えてきました。

アディッシュでは自社で開発したチャットボットツールとしてhitoboを提供しています。
他社ツールと違う点は、圧倒的に簡単な準備で導入できる点、有人サポートにフレキシブルに切り替えができる点です。
特にデータ復旧でご利用いただくケースが多くあります。

「チャットボット導入は意外に大変」を解決

一般的なチャットボットは機能の複雑さや設計の大変さといった課題で、本格稼働までに1ヵ月以上かかることがあります。またコンサルティングのための設計コストなどで想像以上に費用がかかるものです。

アディッシュが提供するチャットボット・hitoboは、圧倒的に簡単に導入できるチャットボットツールです。今あるFAQをベースにして、独自ロジックにより登録済みのQ&Aの中から最も親しい答えで回答します。

一般的なチャットボット
キーワードやフレーズを大量に登録
対応フロー設計を手作業で設定
多数の言い回し違いの質問登録で回答の精度向上
追加Q&Aのたびに設定が必要
導入準備に時間がかかる
アディッシュ提供のチャットボット・hitobo
Q&AをCSVで準備
独自ロジックが登録Q&Aの中から近しい答えで回答
言い回しや語尾が異なっても特別な設定なしで回答
急なQ&Aの追加や変更にすぐ対応
hitoboに一括アップロードで簡単導入

有人対応への切り替えで支援

カスタマーサポートの提供の中から生まれた弊社のチャットボット・hitoboは、有人の切り替えがスムーズにできるようになっている点が特徴の一つです。
チャットボット・hitoboのみの提供も可能ですが、有人への切り替えサポートを導入することで、問い合わせユーザーの質問に手厚い対応が可能です。

エンド
ユーザー

チャット
ボット

チャット
サポート
スタッフ

ボットが返答

対応を人が
モニタリング

エスカレーション
は常時受け

ボットでできないものは、
人が直接対応

モニタリング

エスカレーション

直接返信

シンプルな管理画面とインターフェースに合わせられるデザイン

hitoboは管理画面上で、質問のあった内容をログとして残すことが可能です。またユーザーインターフェースに合わせてデザインを変更できます。

ユーザー画面イメージ

管理画面イメージ

カスタマーサポートのサービス一覧