2018年上半期の人気スマートフォンアプリは?グローバル市場、国内市場別の調査結果をレポート

  • 縺薙・繧ィ繝ウ繝医Μ繝シ繧偵・縺ヲ縺ェ繝悶ャ繧ッ繝槭・繧ッ縺ォ霑ス蜉
2018年上半期の人気スマートフォンアプリは?グローバル市場、国内市場別の調査結果をレポート

時が過ぎるのは早いもので、2018年もすでに8ヵ月が経過しました。その間、アプリ市場にはどのような動きがあったのでしょうか。今回は、2018年の上半期を振り返り、1月1日から7月24日までのグローバルと国内のアプリのダウンロード数をレポートします。対象はApple App StoreとGoogle Playのトップ20アプリです。

【Apple App Store】グローバル市場ではVoodoo、中国が台頭

Apple App Storeのグローバル市場でダウンロード数の上位は、「YouTube」「WhatApp Messenger」「Instagram」「Facebook」などの定番アプリでした。しかしながら、Facebookは「Messenger」も含め、前年の同期間から100万以上ダウンロード数を減少させています。

注目のアプリは2018年2月にリリースされて6位にランクインした「Helix Jump」です。このアプリはフランスの「Voodoo」社が提供する無料のパズルゲームアプリ。18位の「Hole.io」も同社がリリースしたゲームアプリとなっています。「Voodoo」社の特徴は、自社でゲームを開発するのではなく、世界中のゲーム会社が開発したゲームを募集し、その中から市場性のあるものをチューンアップしてリリースしている点です。これにより、多数の良質なゲームを早期にリリースしてグローバル市場で大成功しています。Voodoo社については『全世界で注目されているゲームパブリッシャー「Voodoo」とは?』でも詳しく紹介しています。

その他グローバル市場で注目すべきは、中国の台頭です。7位の「抖音短视频」(英文名「Tik Tok」)は、15秒のリップシンク(口パク)音楽動画SNSで、中国のみならず全世界で人気を博しています。

8位の「绝地求生:刺激战场」(英文名「PUBG Mobile」)は、元々韓国のゲーム開発会社「PUBG」社が開発したものですが、中国では「Tencent Mobile Games」がリリースして、5,000万を超えるダウンロード数となっています。

グローバル市場Apple App Store / ダウンロード数トップ20アプリ(2018年1月1日-7月24日)

Source : Priori Data, Apple App Store, January 1 – July 24, 2018, Global
Source : Priori Data, Apple App Store, January 1 – July 24, 2018, Global

【Apple App Store】国内市場ではバトルロワイヤル系ゲーム、音楽動画アプリが急増

国内のApple App Storeでは、昨年から人気を博しているバトルロワイヤル系のゲームのダウンロード数が急増しています。中国「NetEase Games」社がリリースした「荒野行動」が、「LINE」を超えるダウンロード数でトップとなりました。

またグローバル市場で7位にランクインした「抖音短视频」(英文名「Tik Top」)が、日本でも人気で、本年5月末にリリースされたのにも関わらず、600万を超えるダウンロード数を記録しています。

そのほか注目すべきアプリは、世界最大級の音楽ストリーミングアプリ「Spotify Music」です。前期間から350万以上のダウンロード数を増加させ、6位にランクインしています。

国内市場Apple App Store / ダウンロード数Top20アプリ(2018年1月1日-7月24日) 

Source : Priori Data, Apple App Store, January 1 – July 24, 2018, Japan
Source : Priori Data, Apple App Store, January 1 – July 24, 2018, Japan

【Google Play】グローバル市場の注目は「SHAREit」「Musical.ly」

グローバル市場では、Android端末の利用者数がiPhoneを大幅に上回るため、Google Playのトップ20アプリのダウンロード数はApple App Storeの3倍以上になっています。
 
ランキングトップは、Apple App Storeと同様に「WhatsApp Messanger」「Facebook Messenger」「Instagram」「Facebook」となっていますが、Apple App Storeとの違いは、これらのアプリのダウンロード数が、前期間に比較して大幅に減少している点です。特に「Facebook」は、1億以上ダウンロード数が減少しています。

Apple App Storeで6位だった「Voodoo」社の「Helix Jump」がここでも6位にランクインしています。
また、Google Playのランキングで注目したいのが、第7位の「SHAREit」。動画や写真、音楽、壁紙、GIF画像等が共有できます。そして8位にランクインした「Musical.ly」。「Tik Tok」の元祖といえる15秒のリップシンク音楽動画SNSです。

グローバル市場Google Play / ダウンロード数Top20アプリ(2018年1月1日-7月24日)

Source : Priori Data, Google Play, January 1 – July 24, 2018, Global
Source : Priori Data, Google Play, January 1 – July 24, 2018, Global

【Google Play】国内市場では「SmartNews」、「BuzzsVideo」のダウンロード数が急増

国内のGoogle Playでは、Apple App Storetと同様に「荒野行動」「Tik Tok」がトップ10内にランクインしていますが、そのダウンロード数はApple App Storeの1/3以下となっています。

そのほか特徴的なのは、「SmartNews」がクーポンをフィーチャーしたTVCFでダウンロード数を増加させた点と、面白動画の「BuzzVideo」、ゲームの「Human Tower」、リニューアルした「セブン-イレブンアプリ」がダウンロード数を急増させました。

国内市場Google Play / ダウンロード数トップ20アプリ(2018年1月1日-7月24日)

Source : Priori Data, Google Play, January 1 – July 24, 2018, Japan
Source : Priori Data, Google Play, January 1 – July 24, 2018, Japan

まとめ

国内海外、市場を問わず、上位にランクインするのは大手コミュニケーションアプリが中心ですが、新しくランクインするのは、時流に乗ったものが多いです。2018年の上期に関しては、動画系アプリといえるでしょう。ユーザー個人が気軽に動画を配信できて、SNS機能で共有することにより視聴者の獲得を目指す「Tik Tok」は、大きな注目を浴びました。また、高性能化したスマートフォンのスペックを背景に「荒野行動」のようなシューティング系のゲームも増えています。2018年下期はどのようなアプリケーションに人気が集まるのか、引き続き注目していきます。

アディッシュでは、新しいアプリをどのように成長させていくかのカスタマーサクセスの支援をしています。お気軽にお問い合わせください。

PRIORI DATAとは

「PRIORI DATA」は、2013年設立、ドイツ、ベルリンに本社を持つ、スマートフォンアプリ市場分析データ会社です。Apple App Store、Google Play上でランキングされている全アプリの推定ダウンロード数、売上金額データを提供しています。提供データ可能国数は57カ国で、ゲーム・サブカテゴリを含む全カテゴリのデータを提供可能です。スタートアップのアプリ開発会社でも購入できる価格帯で、無料トライアルも可能です。国内ではCESA監修「CESAゲーム白書2017」、モバイルコンテンツフォーラム監修「スマホ白書」、「ファミ通モバイルゲーム白書」の公式モバイルデータとして採用されています。また昨年6月からはASO(アプリストア最適化)のデータも追加され、さらに本年から日本を含めた55ヵ国でアクティブ率(DAU・MAU)データも実装しています。 詳しくは、http://www.prioridata.net/をご覧ください。