利用率の向上が見込まれる送金・割り勘アプリで、5サービスのダウンロード数、MAUを比較。現時点の人気はKyash

  • 縺薙・繧ィ繝ウ繝医Μ繝シ繧偵・縺ヲ縺ェ繝悶ャ繧ッ繝槭・繧ッ縺ォ霑ス蜉
利用率の向上が見込まれる送金・割り勘アプリで、5サービスのダウンロード数、MAUを比較。現時点の人気はKyash

昨今キャッシュレス化が叫ばれ、フィンテック領域ではさまざまなスマートフォンアプリがリリースされています。その中でも注目したいのが送金・割り勘サービス。前回の記事「送金・割り勘サービスのカスタマーサポート状況まとめ」ではフィンテック領域の各サービスが、どのようにカスタマーサポートを設置しているのかを紹介しました。
今回は送金・割り勘サービス(アプリ)の中でもKyash、よろペイ、pring(プリン)、TransferWise、Money Tapの5サービスに注目し、Apple App Storeでのダウンロード数、MAU(月間アクティブユーザー数)をPRIORI DATAで調べてみました。

「送金・割り勘」アプリは手数料なしで、手軽に個人間の送金ができる

前回の記事「送金・割り勘サービスのカスタマーサポート状況まとめ」でも紹介したように、送金・割り勘サービス(アプリ)の特徴は、アプリをダウンロードしている人同士で手軽に送金できることです。今までは銀行を通して送金すると振込手数料がかかることが多かったのですが、これらの送金・割り勘アプリを使用すれば、多くのサービスで個人間の送金手数料が無料となります。

使用シーンとして一番便利なのは、飲み会等での割り勘です。代表者が支払いを済ませた後にアプリで集金すれば、スマートに割り勘ができます。さらに、払った人と払っていない人の履歴が残るので、トラブルも避けられます。
その他、プレゼントの共同購入、旅行やイベント費用の徴収、子供への仕送り等にも、手数料なし且つ手軽に利用できることがこのアプリの利点となっています。

ダウンロード数、MAU最大のアプリはKyash。海外送金ではTransferWiseが着実にユーザー数を拡大

今回ピックアップした送金・割り勘アプリは「Kyash」「よろペイ」「プリン(pring)」「TransferWise」「Money Tap」。各アプリのリリースから本年1月末までの、Apple App Storeでのダウンロード数とMAU(月間アクティブユーザー数)を見ていきましょう。

1.Kyash

運営会社:株式会社 Kyash / URL:https://kyash.co/

Source : Priori Data, Apple App Store , April, 2017 – January, 2019, Japan
Source : Priori Data, Apple App Store , April, 2017 – January, 2019, Japan

Kyashは、三井住友銀行・伊藤忠商事・電通デジタルホールディングス・みずほキャピタル・JAFCO等より出資を受けた株式会社Kyashが提供している無料送金サービスです。
チャージしたお金は個人間の送金だけでなく、ネットショッピングや全国のコンビニ、飲食店などで使えます。

Kyashのリリースは2017年4月。ダウンロード数は2017年11月をピークとしてその後は減少していますが、MAUは2018年7月から順調に増加しており、2019年1月には月間約10万人が利用しています。

2.よろペイ

運営会社:株式会社Popshoot / URL:https://yoropay.jp/

Source : Priori Data, Apple App Store , March, 2017 – January, 2019, Japan
Source : Priori Data, Apple App Store , March, 2017 – January, 2019, Japan

よろペイは、2015年に設立された株式会社Popshootが運営する送金・割り勘アプリです。同社はよろペイの他に、翌日のビットコインの価格を予想する「ぴたコイン」やシンプルに仮想通貨をやり取りできる「Wei Wallet(ウェイウォレット)」などのアプリを開発・運営しています。
よろペイの特徴は、同社が「お金の貸し借りのメモアプリ」と言っているように(同社Webサイトより)、メモ機能が充実し、お金の貸し借りの管理がしやすいように設計されています。

よろペイのダウンロード数は、2017年5月に急増していますが、その後は微減で推移しています。MAUについても、2017年7月から2019年1月まで同様に微減での推移となっています。

3.pring(プリン)

運営会社:株式会社pring / URL:https://www.pring.jp/

Source : Priori Data, Apple App Store , October, 2017 – January, 2019, Japan
Source : Priori Data, Apple App Store , October, 2017 – January, 2019, Japan

pring(プリン)は、みずほファイナンシャル・グループと株式会社メタップスが合同で開発した決済サービスです。みずほ銀行と三井住友銀行の口座からワンタップで電子マネーにチャージができ、送金可能なサービスです。

pring(プリン)のダウンロード数は、2018年8月がピークとなっており、その後は減少傾向になっていますが、ダウンロードは継続的に続いています。MAUは2018年10月から増加しましたが、同年11月をピークとしてその後はやや減少傾向にあります。

4.TransferWise

運営会社:トランスファーワイズ・ジャパン株式会社 / URL:https://transferwise.com/jp/

Source : Priori Data, Apple App Store , January, 2016 – January, 2019, Japan
Source : Priori Data, Apple App Store , January, 2016 – January, 2019, Japan

TransferWiseは、2011年1月に設立された英国ロンドンを本拠地としたP2P送金サービスです。現在ニューヨーク、シドニー、シンガポール、エストニアなど8個所にオフィスを持ちます。世界の多くの国々で利用されていて日本では2016年6月に正式にサービスを開始しました。最大の特徴は、海外送金において銀行を通すよりも格安になる、という点。その特徴で人気を得ています。

国内におけるTransferWiseアプリのダウンロード数、MAUは、着実にユーザー数が増加しています。特にMAUについては、毎月ユーザー数を増加させており、2019年1月においては、月間約4,500人がこのアプリを利用しています。

5.Money Tap

運営会社:SBI Ripple Asia株式会社 / URL:https://moneytap.jp/

Source : Priori Data, Apple App Store , October, 2018 – January, 2019, Japan
Source : Priori Data, Apple App Store , October, 2018 – January, 2019, Japan

Money Tapは、SBIホールディングス株式会社の子会社SBI Ripple Asia株式会社が事務局を務める「内外為替一元化コンソーシアム」から提供されているスマートフォン用送金アプリです。コンソーシアムに入っている銀行口座を持っていれば、24時間365日、チャージ不要で、銀行口座から銀行口座に直接送金、即着金を実現したサービスとなっています。

サービス開始後すぐにダウンロード数、MAUが上昇した後、翌月以降のダウンロード数は微減で推移しています。サービス開始が2018年10月のためデータは限られますが、2019年1月のMAUは2,000人程度となっています。

紹介した送金・割り勘アプリを比較

Source : Priori Data, Apple App Store, January, 2019, Japan
Source : Priori Data, Apple App Store, January, 2019, Japan

最後にこれまでに紹介してきた送金・割り勘アプリの2019年1月時点での累計ダウンロード数、MAUを比較してみると、Kyashがダウンロード数、MAUとも他アプリを大きく引き離して先行していることが分かります。

送金・割り勘アプリは、日本国内ではまだまだ若いサービスではありますが、キャッシュレス化の波にのり、今後は益々ユーザーが増加していくことが推察されます。

「PRIORI DATA」とは

「PRIORI DATA」は、2013年設立、ドイツ、ベルリンに本社を持つ、スマートフォンアプリ市場分析データ会社です。Apple App Store、Google Play上でランキングされている全アプリの推定ダウンロード数、売上金額データを提供しています。提供データ可能国数は55カ国で、ゲーム・サブカテゴリを含む全カテゴリのデータを提供可能です。スタートアップのアプリ開発会社でも購入できる価格帯で、無料トライアルも可能です。国内ではCESA監修「CESAゲーム白書2018」、モバイルコンテンツフォーラム監修「スマホ白書」、「ファミ通モバイルゲーム白書」の公式モバイルデータとして採用されています。また20176月からはASO(アプリストア最適化)のデータも追加され、さらに2018年から日本を含めた55ヵ国でアクティブ率(DAU・MAU)データも実装しています。
国内では株式会社インターアローズが総代理店となっています。
詳しくは、http://www.prioridata.net/をご覧ください。