リップシンク動画アプリ最新情報。「Tik Tok」は新たなSNSとなれるのか

  • 縺薙・繧ィ繝ウ繝医Μ繝シ繧偵・縺ヲ縺ェ繝悶ャ繧ッ繝槭・繧ッ縺ォ霑ス蜉
リップシンク動画アプリ最新情報。「Tik Tok」は新たなSNSとなれるのか

現在国内の中高生の間で、リップシンク動画アプリ「Tik Tok」が人気を博しています。リップシンク動画アプリとは、15秒ほどの楽曲に口パクで合わせながら歌ったり踊ったりした動画を、オンライン上で共有するもの。誰もが簡単に動画を作成、投稿できることから、国内のみならず全世界で一大ブームとなっています。
今回はこのリップシンク動画アプリ「Tik Tok」にフォーカスし、どの国でどのくらいダウンロードされているのかを調べてみました。さらに国内の他のSNSアプリと比較して、どのくらいのアクティブユーザーがこのアプリを楽しんでいるか等をまとめました。

リップシンク動画発祥アプリは「Musical.ly」。2017年にBytedance Inc.が「Musical.ly」を買収し「Tik Tok」に統合

まずリップシンク動画アプリの発祥は中国のMusical.ly Inc.が開発した「Musical.ly」とされています。リリースされたのは2014年8月と古く、同社はこのアプリの中心的ユーザーが欧米と考え、米国サンタモニカに拠点を構えてアプリをプロモート。結果として2017年5月には、欧米を中心に2億人のユーザーを獲得しました。

この動きを見逃さなかったのが同じ中国のメディア企業・Bytedance Inc.です。2016年9月に同じリップシンク動画アプリ「Tik Tok」の提供を開始しました(日本で展開している「TopBuzz」の運営会社でもあります)。このBytedance Inc.が、2017年11月にMusical.ly Inc.を買収。「Musical.ly」と「Tik Tok」を統合させ、「Tik Tok」の単独ブランドネームでグローバル市場に再リリースしました。

アプリのパブリッシングは、欧米市場へはすでに知名度のあるMuscial.ly Inc.が、アジアを中心とした他の地域は「Tik Tok」の開発会社であるシンガポールのBYTEMOD PTE. LTDが、中国のApple App Storeに関しては、Beijing Microlive Vision Technology Incがリリースしています。

Source : Apple App Store、Tik tok
Source : Apple App Store、Tik tok

ダウンロード数最大の国はApple App Storeではアメリカ。Google Playではインド

2018年10月末時点で「Tik Tok」のグローバル市場での累計ダウンロード数は、Apple App Storeで1.6億、Google Playで4.8億と驚異的な数値です。

パブリッシャー別では、欧米・南米を中心としたMusical.ly Inc.が最大で、そのダウンロード数は4.7億、アジアを中心としたBYEMOD PTEは1.6億で、中国はGoogle Playがないため、Beijing Microlive Vision Technology Inc のApple App Storeのみで約600万となっています。

国別のダウンロード数では、Apple App Storeの最大はアメリカで、これにベトナム、日本が続きます。またGoogle Playでは、インドがトップでそのダウンロード数は9,000万に迫る数値になっており、第2位はアメリカ、第3位はインドネシアとなります。

「Tik Tok」国別ダウンロード数(2014年4月2日-2018年10月31日)

Source : Priori Data, Apple App Store & Google Play, April 2, 2014 – October 31, 2018, Global
Source : Priori Data, Apple App Store & Google Play, April 2, 2014 – October 31, 2018, Global

日本国内のダウンロード数は「Tik Tok」が「Musical.ly」を買収した直後の2017年12月に急増。ピークは2018年8月

次に国内における「Tik Tok」のダウンロード数は、Apple App StoreがGoogle Playの2倍以上の数値になっています。両プラットフォームとも類似したダウンロード推移で、「Tik Tok」が「Musical.ly」を買収した直後の2017年12月に急増。その後ダウンロード数は減少しますが、2018年5月から再度増加し、2018年8月がピークとなっています。

Source : Priori Data, Apple App Store, June, 2017 – October, 2018, Japan
Source : Priori Data, Apple App Store, June, 2017 – October, 2018, Japan
Source : Priori Data, Apple App Store, June, 2017 – October, 2018, Japan
Source : Priori Data, Apple App Store, June, 2017 – October, 2018, Japan

日本国内の「Tik Tok」のアクティブユーザー数は増加中。国内における新たなSNSの誕生を示唆

日本国内における「Tik Tok」のDAU(1日当たりのアクティブユーザー数)を調査してみると、ダウンロード数はすでにピークを過ぎているものの、アクティブユーザー数は増加傾向にあることが分かります。特にApple App Storeが顕著で、2018年10月のDAUは300万を超えています。
また全体的にSNSのアクティブユーザー数が減少しているGoogle Playでは、「Facebook」「Twitter」「Instagram」との差がなくなっており、2018年10月では「Tik Tok」のDAUは「Instagram」のDAUの66%まで迫る勢いを見せ、国内における新たなSNSの誕生を示唆しています。

Source : Priori Data, Apple App Store, January, 2017 – October, 2018, Japan
Source : Priori Data, Apple App Store, January, 2017 – October, 2018, Japan
Source : Priori Data, Google Play, January, 2017 – October, 2018, Japan
Source : Priori Data, Google Play, January, 2017 – October, 2018, Japan

各社がプロモーション利用を開始。マーケティング手段の一つとして認知

このように新たなSNSとして普及が進むことで、プロモーションに利用する日本企業も増えてきました。例えばサントリーでは新製品のキャンペーンで利用し、J:COMはハッシュタグを活用したプロモーションを実施。サイバーエージェントは「AbemaTV」のプロモーションに利用し、視聴者数を伸ばしました。
中高生という若年層に支持されることで、このようなマーケティングに活用する企業が増えていくことでしょう。

なお、Tik Tokのカスタマーサポートは、Feedbackという形でメール窓口を設置していました。
アディッシュは各種アプリのプロモーションなどのカスタマーサポートの支援・代行を提供しています。アプリでの支援も可能です。お気軽にお問い合わせください。

「PRIORI DATA」とは

「PRIORI DATA」は、2013年設立、ドイツ、ベルリンに本社を持つ、スマートフォンアプリ市場分析データ会社です。Apple App Store、Google Play上でランキングされている全アプリの推定ダウンロード数、売上金額データを提供しています。提供データ可能国数は57カ国で、ゲーム・サブカテゴリを含む全カテゴリのデータを提供可能です。スタートアップのアプリ開発会社でも購入できる価格帯で、無料トライアルも可能です。国内ではCESA監修「CESAゲーム白書2018」、モバイルコンテンツフォーラム監修「スマホ白書」、「ファミ通モバイルゲーム白書」の公式モバイルデータとして採用されています。また昨年6月からはASO(アプリストア最適化)のデータも追加され、さらに本年から日本を含めた55ヵ国でアクティブ率(DAU・MAU)データも実装しています。
詳しくは、http://www.prioridata.net/をご覧ください。