5Gになってアプリの世界はどう変わる?対策すべきリスク、カスタマーサポートは?

  • 縺薙・繧ィ繝ウ繝医Μ繝シ繧偵・縺ヲ縺ェ繝悶ャ繧ッ繝槭・繧ッ縺ォ霑ス蜉
5Gになってアプリの世界はどう変わる?対策すべきリスク、カスタマーサポートは?

4Gが登場して以降、アプリサービスのマーケットは拡大を続け、今後も大きな収益の増加が見込まれています()。そのような中、ネット環境を大きく変える可能性を秘めた「5G」の試用が、世界で着々と進められています。アプリデベロッパーが5G環境において大きな成功を収めるためには、来るべき未来を今から予想し、準備を始める必要があります。そこで本記事では、5Gの基本的事項を確認するとともに、5Gがアプリデベロッパーに及ぼすであろう影響と対策すべきリスク、カスタマーサポート領域について考察します。

世界発信されたモバイルアプリの収益額の変遷(Statistaより)
世界発信されたモバイルアプリの収益額の変遷(Statistaより)

5Gとは何か?

5Gは「5 Generation(世代)」を簡略化したもので、日本語では「第5世代移動通信システム」を意味します。携帯電話の持ち運び式の通信機器を活用したネットワーク通信システムは、約10年ほどのスパンで大きな進化を遂げてきました(参照:新世代モバイル通信システム委員会 資料 / 総務省)。新たな移動ネットワーク通信システム「5G」は、すでにアメリカや韓国では2019年4月3日より一部試用が開始されており(参照:South Korean, U.S. telcos roll out 5G services early as race heats up / Reuters)、日本においても2020年より一部運用が開始される予定で(参照:2020年の5G実現に向けた取組 / 総務省)、ソフトバンク、NTTドコモ、KDDI、楽天モバイルの4社による導入が検討されています(参照:第5世代移動通信システムの導入のための特定基地局の解説計画の認定)。

 

1~5Gまでの主な変化(総務省 新世代モバイル通信システム委員会 資料より)
1~5Gまでの主な変化(総務省 新世代モバイル通信システム委員会 資料より)

5Gの特徴としては主に「超高速」「多数同時接続」「超低遅延」の3つが挙げられます。

超高速

超高速は、理論上では現行LTEの100倍となる10Gbpsの最高伝送速度が達成できると言われています。これは、約2時間の映画を約3秒でダウンロードできる通信速度です。

多数同時接続

多数同時接続は、一定範囲において多くのデバイスを同時に接続できることを意味します。現在は携帯電話やタブレットおよび一部の電化製品などがネットに接続されている状態ですが、「多数同時接続」により、あらゆるモノがネットに接続された未来がやってくるといわれています。

超低遅延

ネットを介した遠隔操作では一定の遅延が生じると言われていますが、5Gの超低遅延により、人がほとんど感じることができないほどのわずかな遅延(1ミリ秒程度)しか発生しないと言われています。

5Gのこれらの機能により、私たちの生活は一変するでしょう。アプリにおいては通信速度や多数同時接続、また超低遅延のすべてが大きく影響するため、5Gによりアプリの位置づけが大きく変わることが予想されます。

 

総務省が報告した5Gの基本概念(総務省 2020年の5G実現に向けた取組より)
総務省が報告した5Gの基本概念(総務省 2020年の5G実現に向けた取組より)

各世代の説明およびその変化

5Gがもたらす影響を考察する前に、これまで移動通信システムがどのような進化を遂げ、社会にどのような影響を及ぼしてきたのかについて簡単に紹介します。

1~4Gでの携帯電話の主なデザイン(RF Pageより)
1~4Gでの携帯電話の主なデザイン(RF Pageより)

1G

1979年ごろからの移動通信システムの世代を「1G」と呼びます。この時期にアナログ式の携帯電話が開発されました。電話機能のみ利用でき、ノイズの多い通信状況かつ持ち運びに不便な大型サイズであったにも関わらず、自宅以外から通話が可能な携帯電話は画期的な発明で、富裕層の人々を中心に利用されました。

2G

1990年代、2000年代初頭の移動通信システムの世代を「2G」と呼びます。大きすぎる携帯は持ち運びに不便だという声に応え、ポケットに入れることのできる小型サイズの携帯電話が登場しました。また、2Gからテキストベースの簡単なメール送受信が可能になったほか、メールの送受信のみできるポケベルが社会現象化し、人々の主要連絡手段の1つになりました。

3G

2000年代中盤から2010年代前半にかけての移動通信システムの世代を「3G」と呼びます。3Gの最大の成果は、携帯電話を利用してデータ検索ができるようになったことです。それまでは、情報を得るためには有線接続された家庭用パソコンを利用するしかなかったのが、携帯電話のみで情報検索を行えるようになりました。また、携帯電話を利用した写真の撮影や送受信、遅いながらも動画の視聴ができるようになったのもこの時期です。また、携帯電話で利用できるアプリが開発されるなど、携帯電話が情報伝達以外の多様な機能を持ち始めます。

4G

2010年代前半より現在までの移動通信システムの世代を「4G」と呼びます。4Gの主な特徴は、スマートフォンをイメージすると分かりやすいでしょう。通信速度の改善により動画が問題なく視聴できるようになり、スマートフォンの機能を活かした多数のアプリがリリースされました。現在アプリ配信数でトップのGoogle Play Storeでは、2009年12月の時点では1万6千のアプリのみリリースされていましたが、2019年6月時点では270万ものアプリがリリースされています(参照:Number of available applications in the Google Play Store from December 2009 to June 2019 / Statista)。スマートフォンやアプリの出現により、携帯電話は私たちの生活になくてはならないものへと変貌しました。

 

Google Play Storeにおけるアプリリリース数の変遷(Statistaより)
Google Play Storeにおけるアプリリリース数の変遷(Statistaより)

5Gによって予想される世界

過去の移動通信システムの進化により、私たちの生活は大きな影響を受けてきたことがわかります。それでは5Gの登場により、私たちの生活はどのような影響を受けるのでしょうか。

5Gがもたらす人々への影響

まずは「超高速」により、利用できる動画の質が大きく向上します。デバイスでのインターネットを介した4Kおよび8K動画の視聴、VRやARを利用した3D動画やゲームが楽しめるようになると予想されています。

アプリの同時対戦では、これまでのような100人対100人レベルの対戦ではなく、1000人対1000人、または国対国の対抗戦といったより大規模な対戦が可能になるとともに、ゲーム視聴者はマルチアングルで好きなエリアを視聴できるようになるでしょう。

「多数同時接続」により、街中の至る所、至る製品がインターネットと接続するIoT(Internet of Things:モノのインターネット)が急速に進み、これまで人が行っていた分析、管理などの自動化がさらに加速していくと予想されています。 また「超低遅延」により、医療ロボットを活用した遠隔手術や自動車の自動運転システムがいよいよ実用可能なレベルに到達すると言われています。

これらはあくまでも予想の域にすぎませんが、過去の歴史を振り返ってみても、5Gは私たちの生活に大きな影響を及ぼすことは容易に想像できます。

5Gがもたらすアプリデベロッパーへの影響

アプリデベロッパーがまずすべきことは、アプリにも到来する新しい時代を認識することです。ガラケー時代に最先端と言われていた技術はスマートフォンでは低性能のアプリでしかなく、便利とされていた当時のアプリはスマートフォンでは姿を消しました。4Gから5Gへの変遷により、現在のアプリの概念が大きく覆る可能性があることを認識する必要があります。来るべき未来に備え、今から準備を始めることが大切です。

携帯通信事業者や関連企業により構成される業界団体「GSMアソシエーション(GSMA)」によると、5Gは4Gで行うことができるすべてのことを網羅するとともに、5Gにしか成しえない新たなアプリの領域を切り開くであろうと報告されています(参照:HOW THE COMBINATION OF 5G, AI, BIG DATA AND IOT IS SET TO CHANGE EVERYTHING / GSMA)。超高速および超低遅延によって到達可能となる領域としてARやVR、また離れたところにあるものをまるで目の前にあるかのように感じることができるタッチインターネット(Tactile Internet)などの技術が徐々に進むだろうと考えられています。

ここで5Gの普及により、アプリデベロッパーにどのような影響があるのか、以下にまとめました。

 

5Gにより可能となるアプリの新たな領域(GSMAより)
5Gにより可能となるアプリの新たな領域(GSMAより)

アプリの位置づけ

生活面においてアプリの重要度がますます増すと考えられます。各種アプリは、現在でも私たちの生活を快適にする優れたツールですが、5Gによりさらに生活に根差したものになると予想できます。また、携帯電話、タブレット端末、スマートウォッチだけでなく、IoTによりあらゆるモノに関連したアプリがリリースされるようになるでしょう。これまで以上に、アプリが幅広い用途で使われるようになり、アプリデベロッパーにとってはビジネスチャンスの拡大に繋がります。

IoTのイメージ図
IoTのイメージ図

アプリのクオリティ

大量のデータ通信が一瞬で可能となるため、これまでの通信環境下では不可能とされてきたような高画質、大容量、高性能のアプリが配信可能になります。また、データ通信を頻繁に活用するアプリでは、より多様なサービスを展開できるようになるでしょう。さらにはAR、VRと連動した3Dまたは新たな機能を備えたアプリの開発が進んでいくことで、新規利用者の獲得も見込めます。

デバイス利用時間の拡張

通信時には多くのバッテリーを消費しますが、5Gの超低遅延によりデバイスを利用した際の通信時間が短縮され、バッテリー消費を抑えることができます。ユーザーは日常的により多くのアプリを利用できるようになり、アプリ活用の機会が増加すると考えられます。

期待されるアプリのジャンル

5Gの登場によりIoTが社会に広がることが予想されます。IoTに関連した生活便利アプリを始め、自動運転に関するアプリ、AIを活用した健康・医療系アプリ、高画質高機能のスポーツ視聴アプリ、高速化が可能にする教育関連アプリ、AIデバイスを活用した観光およびナビゲーションアプリなどに期待が高まっています。

さらにゲームアプリはeスポーツ(eスポーツの売り上げが10億ドルの大台へ。世界中で注目されるeスポーツとは / 弊社過去記事)に関連したサービスが普及しそうです。ハイスペックのゲームを大人数で対戦するユーザーが増えるでしょう。中でも格闘ゲームは5Gの超低遅延によりさらに大きな進化を遂げると考えられます。対戦型格闘ゲームでは、低遅延が重視されるため、現在は光回線に接続したパソコンが用いられていますが、5Gを利用すれば携帯端末上で遅延なくプレーが可能となり、どこにいてもオンライン対戦を楽しめるようになります。

5Gによって起こりうるリスクとその対策

5Gにより、アプリはさまざまな変化を遂げると考えられます。その一方で新しいことに取り組めば当然問題が生じます。アプリデベロッパーはその点においても十分に注意を払う必要があります。

プライバシー問題

5Gによりアプリの利用環境が整備され便利になる一方、プライバシーに関連したセキュリティ問題が不安視されています。超高速のデータ通信の元では、個人情報も一瞬で抜き取られてしまう可能性があります。

対策
アプリのセキュリティを強化することはもちろんですが、それには限界もあります。世界配信されているアプリでは、アプリの利用方法に関するお問い合わせだけでなく、アカウント管理に関するお問い合わせが世界中から寄せられることになりますので、それらのお問い合わせに即座に対応し、ユーザーの要求に応えることがアプリを継続して利用してもらうために重要です。

地域格差問題

5Gの利用環境は急激に進むものではなく、国ごと、またエリアごとに徐々に整備されていくと考えられています。そのため、ある地域では利用できたが他の地域では利用できなかったなどのアプリの利用条件に関するお問い合わせが増えることが予想されます。

対策
5Gの利用環境整備は個々のアプリデベロッパーが対応できるレベルではありませんが、ユーザーの要求を正しく読み取り、適切な内容の返答を行うことが重要です。そのためには、世界中のアプリ事情、通信事情に精通しておくことが重要になります。

異なるバージョンへの対応

5Gへの移行は急激に進むものではなく、徐々に移行していくと考えられています。そのためアプリデベロッパーがより多くの利用者を獲得するためには、アプリを4Gおよび5Gの両方に対して最適化させる必要があります。これにより、現在よりも多くの時間をアプリ開発に割かなくてはならなくなり、カスタマーサポート対応などユーザーとのコミュニケーションに時間を割くことが今よりも難しくなるかもしれません。

対策
アプリレビューへの返信(レビュー評価のダウンロード影響度を各国の調査レポートで検証。レビュー対策の必要性を考える / 弊社過去記事)やカスタマーサポートを、アプリデベロッパーが自社ですべて行うのは難しいものです。レビュー返信代行やカスタマーサポート代行を行っている弊社のような企業に業務の一部を委託することで、アプリ開発などの重要な部分に多くの時間を割くことができるでしょう

アプリの世界発信を行う際の言語の問題

これは5Gに限ったことではありませんが、アプリの世界発信が主流になりつつある今日、ゲーム内言語の多言語化や世界中から多言語で寄せられるお問い合わせへのサポートは非常に重要です。世界各国から寄せられるお問い合わせへの対応の質は、アプリを継続して利用してもらうために、非常に重要な要素になります。

対策
アプリの多言語化に関しては、アプリやゲームコンテンツの翻訳をサポートする企業を利用することで、世界配信が身近なものになります。カスタマーサポートのハウツーを熟知した専門家たちによるサポートは、アプリユーザーの満足度を確実に高め、アプリ運営に大きな影響を及ぼすでしょう。

おわりに

5Gにより私たちの生活はさまざまな影響を受けることになりますが、中でもアプリへの影響は非常に大きなものになると予想されます。アプリデベロッパーは、来るべき未来を今からイメージし対策を講ずることで、5Gの拡大とともに大きな成功を収めることができるでしょう。 多くのアプリデベロッパーは、アプリのカスタマーサポートやレビュー返信対応を専門のカスタマーサポート代行企業に依頼することで、世界進出のハードルを低くし、大きな収益の獲得に成功しています。もし、アプリのカスタマーサポートに関して気になることがございましたら、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。