お役立ち情報ブログ

アジア主要国のダウンロード数と売上の違いはどれぐらいか?
AppleとGoogle、どちらのアプリストアの売上が多い?

Column 039

2017年9月11日

料理レシピアプリでも「動画」が人気? イメージ画像

現在日本のゲームパブリッシャーは、日本市場だけではなくグローバル市場に目を向けています。なかでも注目されているのはアジア市場。従来は欧米市場がゲームアプリ市場の中心でしたが、近年は日本産コンテンツの人気から、アジア市場への関心が高まっています。ただ、「アジア」とひとくくりにはできないほど、各国に差があるのが現状です。

今回のレポートは、2017年7月、日本を含めたアジア主要9カ国をピックアップして、アプリストア別のダウンロード数と売上金額を比較しました。これにより、各アジア主要国の特徴がご理解いただけるかと思います。

Apple App Storeは、中国と日本が巨大市場。
他国を大きく引き離す。

 Apple App Storeでは、中国と日本が2大市場となっており、ダウンロード数、売上ともに他国を大きく引き離しています。注目は1位の中国市場で、ダウンロード数は2位の日本の約4.5倍。売上規模でも1位でした。

 ダウンロード数・売上金額ともに2位の日本ですが、1ダウンロードあたりの売上金額の大きさが特徴です。日本以外のアジア諸国では、1ダウンロードあたりの売上金額が1US$を下回っているのに対し、日本は約3.57$。課金額の高さが分かります。一方、1ダウンロードあたりの売上金額が低いのはインド。ダウンロード数では4位ですが、売上金額では9カ国の中で最下位でした。

 中国、日本に次ぐ規模の市場は、韓国、台湾ですが、中国の1/20以下、日本の1/18以下です。人口が多く今後市場拡大が期待値されるインド、インドネシアは、ダウンロード数はあるものの、売上金額では月間US$500万程度に留まっています。

Apple App Store / 国別月間ダウンロード数(2017年7月 / 単位:百万)

(出典:PRIORI DATA, Apple App Store, July 2017 /データ提供:(株)インターアローズ)

Apple App Store / 国別月間売上金額(2017年7月 / 単位:US$百万)

 (出典:PRIORI DATA, Google Play, June 28 – July 27, 2017, Japan/ データ提供:(株)インターアローズ)

(出典:PRIORI DATA, Apple App Store, July 2017 /データ提供:(株)インターアローズ)

Google Playでのダウンロード数トップはインド。
 その数は月間7億に迫る勢い。

 Google Playの状況は、Apple App Storeとかなり異なります。前提として、中国ではGoogle Playの使用が許可されていないため、中国をのぞいたアジア8カ国での調査となります。

 ダウンロード数では、インドがトップで、その月間数は6億8千万と驚異的な数値です。この数は、アジアのみならず世界でもトップ。2017年7月Google Play国別の世界最大の数になっています。アジアでのダウンロード数第2位はインドネシアで、3億に迫る数値になっています。

 インドとインドネシアのダウンロード数がApple App StoreとGoogle Playで大きく違う理由は、人口が多い点(インド13億人、インドネシア2.6億人)と、さらに経済的な理由から高額なiPhone端末より、低価格のAndroid端末が普及している点です。そのためGoogle Playのダウンロード数が、Apple App Storeを大幅に上回る結果となっています。

 売上金額では日本がトップですが、Apple App Storeと比較して、韓国、台湾の売上が高くなっています。韓国の売上金額は2017年7月にUS$1.9億に達し、その額はApple App Storeの7.6倍。台湾のGoogle Playでの売上金額はUS$6,000万で、Apple App Storeの2.7倍。SAMSUNGやLGなど主要Android端末メーカーを有することが大きな理由だと考えられます。

Google Pay / 国別月間ダウンロード数(2017年7月 / 単位:百万)

 (出典:PRIORI DATA, Apple App Store, July 2017 /データ提供:(株)インターアローズ)

 (出典:PRIORI DATA, Google Play, July 2017,/データ提供:(株)インターアローズ)

「PRIORI DATA」とは

「PRIORI DATA」は、2013年設立、ドイツ、ベルリンに本社を持つ、スマートフォンアプリ市場分析データ会社です。Apple App Store、Google Play上でランキングされている全アプリの推定ダウンロード数、売上金額データを提供しています。

提供データ可能国数は57カ国で、ゲーム・サブカテゴリを含む全カテゴリのデータを提供可能です。スタートアップのアプリ開発会社でも購入できる価格帯で、無料トライアルも可能です。国内ではCESA監修「CESAゲーム白書2016」、モバイルコンテンツフォーラム監修「スマホ白書」、「ファミ通モバイルゲーム白書」の公式モバイルデータとして採用されています。また本年6月からはASO(アプリストア最適化)のデータも追加されています。

詳しくは、http://www.prioridata.net/をご覧ください。

[新春キャンペーン]アプリ市場データ速報を特別価格でご提供!