お役立ち情報ブログ

2017年Q1の国内Apple App Storeダウンロードのトップ3パブリッシャーは?カテゴリごとにレポート

Column 036

2017年7月26日

料理レシピアプリでも「動画」が人気? イメージ画像

アプリのカテゴリには様々なものがありますが、各カテゴリの上位にはどんな会社がランキングされているのでしょうか?

今回は、国内Apple App Store、2017年Q1(1月-3月)のデータを使用して、売上金額トップ10カテゴリでの、ダウンロード数と売上金額ランキングのトップ3パブリッシャーをレポートします。これにより、各カテゴリのダウンロード数、売上金額に関して、アプリではなく、どんな会社が上位にきているのかがご理解いただけると思います。

カテゴリトップ5での注目パブリッシャーは、hap、cocone、COMICSMART、SHOWROOM、Smule!

ゲーム

売上金額では、昨年からバンダイナムコ、エックスフラッグ、スクウェア・エニックスが上位を独占して大きな動きが見られません。一方、ダウンロード数で注目は第2位の「hap」で、完全無料ゲーム「ママにゲーム隠された2」が大ブレイクし、この期間においては第3位の任天堂の「Super Mario Run」を上回っています。

ソーシャルネットワーク

ソーシャルネットワークで興味深いのは、売上ランキングにおいてココネがLINEに次ぐ第2位にランクインしている点。その売上金額も「Pokecolo」単独アプリで、この期間だけで5億円を超える売上を達成しています。また売上第3位のエウレカは出会い系アプリの「Pairs」で収益を上げています。

ブック

売上金額ランキングでは、LINE、集英社、小学館等の大手が上位を占めていますが、ダウンロード数では新規の会社が健闘しています。その筆頭がCOMICSMARTで、「GANMA!」がこの期間の最大のダウンロード数を達成しています。

エンターテインメント

注目はSHOWROOMで、主にアイドル系の動画を配信しているパブリッシャーですが、売上ランキングではLINE、Netflixを抑えて第1位となっています。またダウンロード数では、過去から人気のあった人物予想アプリ「アキネーター」を持つElokenceがその無料版をリリースしてトップとなっています。

ミュージック

音楽に関しては、様々なアプリがリリースされていますが、この期間では「LINE MUSIC」がダウンロード数、売上金額ともトップとなっています。興味深いのは売上金額第3位のSmuleで、アメリカの会社ながら、カラオケアプリで日本で第3位にランクインしています。

2017年1月-3月、Apple App Store / カテゴリ別ダウンロード数、売上金額トップ3パブリッシャー

(出典:PRIORI DATA, Apple App Store, January – March 2017, Japan /データ提供:(株)インターアローズ)

カテゴリ6-10での注目パブリッシャーは、BABYBUS、LT BOX、スクウェア・エニックス、柴田書店、物書堂、Duet

教育

教育カテゴリは、昨年最大の売上増加を達成しています。このカテゴリでの注目パブリッシャーは、まずダウンロード数第3位のBABYBUSです。この会社は中国のゲーム開発会社で、パンダを使った子供向け教育アプリを多数リリースしており、日本でも人気を得ています。売上ではLT BOXがトップで、その主力アプリは「Real英会話」となっています。

ユーティリティ

ユーティリティで意外なのは、売上金額のトップはゲーム会社のスクウェア・エニックスで、その対象アプリは「ドラゴンクエストⅩ 冒険者のおでかけ超便利ツール」となっている点です。また売上第3位のMayo Donburiは「広告ブロッカー」で収益を上げています。

フード/ドリンク

フード/ドリンクでは、現在動画レシピアプリ「DELISH KICHEN」を持つエブリイと「Kurashiru」のdelyが、テレビスポット等のキャンペーンで熾烈なシェア争いをして続けております。そんな中収益を上げているのが柴田書店で、「Café・Sweets」アプリで売上ランキングの第3位にランクインしています。

辞書/辞典/その他

このカテゴリの売上金額では、物書堂が多数の辞書と語学関連のアプリをリリースして他社を大きく引き離しています。ダウンロード数のトップはGoogleで、その中心的アプリは「Google 翻訳」となっています。

仕事効率化

このカテゴリの注目パブリッシャーは、売上第1位のDuetです。「Evernote」や「Dropbox」のような定番アプリ上回る売上を達成しています。この会社が配信しているアプリは「Duet Display」というアプリで、iPhoneやiPadを他PC等のディスプレイとして使用できる機能を提供しています。

2017年1月-3月、Apple App Store / カテゴリ別ダウンロード数、売上金額トップ3パブリッシャー

(出典:PRIORI DATA, Apple App Store, January – March 2017, Japan /データ提供:(株)インターアローズ)

「PRIORI DATA」とは

「PRIORI DATA」は、2013年設立、ドイツ、ベルリンに本社を持つ、スマートフォンアプリ市場分析データ会社です。Apple App Store、Google Play上でランキングされている全アプリの推定ダウンロード数、売上金額データを提供しています。

提供データ可能国数は57カ国で、ゲーム・サブカテゴリを含む全カテゴリのデータを提供可能です。スタートアップのアプリ開発会社でも購入できる価格帯で、無料トライアルも可能です。国内ではCESA監修「CESAゲーム白書2016」、モバイルコンテンツフォーラム監修「スマホ白書」、「ファミ通モバイルゲーム白書」の公式モバイルデータとして採用されています。

詳しくは、http://www.prioridata.net/をご覧ください。

[新春キャンペーン]アプリ市場データ速報を特別価格でご提供!