お役立ち情報ブログ

ピコ太郎「PPAP」のゲームアプリ「Pineapple Pen」は
 どれくらいダウンロードされているのか?

Column 025

2016年12月27日

現在アメリカ、イギリスではどのゲームに人気が集まっている?イメージ画像

本年話題となったエンターテイメント・コンテンツとして、ピコ太郎の「PPAP」が挙げられます。その関連動画を含めたYouTubeでの累計再生回数は、集計期間1週間で1億3,400万回を超えて世界第1位を記録し、さらに全米ビルボード・トップ100に入った「世界最短曲」としてギネス世界記録にも認定されました。

まさに2016年の大ブレイクコンテンツと言えます。実はこの「PPAP」の大人気をいち早く予測し、世界規模で大成功しているスマートフォン・ゲームアプリがあります。それがフランスのインディーゲームデベロッパー「Ketchapp」社が2016年9月29日にリリースした「Pineapple Pen」です。
今回はこの「Pineapple Pen」ゲームの特徴についてご紹介します。

「Pineapple Pen」は無料のカジュアルゲーム。誰でもマニュアルなしで簡単に遊べ、
 言語対応が不要。ビジネスモデルは広告が中心

まず「Pineapple Pen」について説明すると、このゲームは非常にシンプルな無料のカジュアルゲームです。特徴的なのは、画面が直観的なUIで構成されているため、誰でもマニュアルなしで簡単に遊べる内容になっています。ゲーム操作は、AppleやPineappleを刺すためにペンをタップするだけで、さらに言語は英語ですが、英語がわからなくても全く問題なくゲームを進められる内容になっています。

「PPAP」の人気を最大限利用し、このような誰でも簡単にプレイできる要素を加えたことが、全世界でヒットした要因になったと考えられます。

米国ゲームカテゴリ/ダウンロードランキングTop5

このアプリのビジネスモデルは、広告を表示させないアプリ内課金のサービスも用意していますが、大半は広告モデルで収益を上げていると思われます。またその広告内容も戦略的で、ゲームスタート時には自社他アプリの広告をインタースティシャル(全画面広告)で表示し、ゲームプレイ時にはフッターに他社バナー広告、またゲームオーバー時にも他社の広告を再度インタースティシャルで表示しています。

自社他アプリ
インタースティシャル広告

他社フッターバナー広告

他社インタースティシャル広告

「Pineapple Pen」の累計ダウンロード数は、iOSで965万、Androidで1,294万と
 驚異的。国別では欧米が大半だが、アジアではフィリピンがトップ

2016年9月29日から12月19日までのダウンロード数をプラットフォーム別で比較した場合、iOSの累計ダウンロード数は965万、Androidが1,294万で無料のカジュアルゲームとしては驚異的な数値となっています。

また国別で見た場合、iOSのトップはイギリスで2位にアメリカが続いており、この2カ国が他を大きく引き離しています。iOSトップ20の大半は北米、ヨーロッパの国ですが、アジアではフィリピンが6位、日本が8位、ベトナムが9位に入っています。

Androidではランキングが異なり、トップはフィリピンで、次いでドイツ、ポーランドが続きます。Androidでも大半は北米、ヨーロッパの国ですが、トップ20位以内に入っているアジアの国はフィリピンと韓国のみで、日本はトップ20には入っていませんでした。

(出典:PRIORI DATA, Global, September 29 - December 19, 2016/データ提供:(株)インターアローズ)


(出典:PRIORI DATA, Global, September 29 - December 19, 2016/データ提供:(株)インターアローズ)

「Pineapple Pen」の成功は、ヒットするコンテンツを見極める先見性と開発スピード。
 またどんなアイディアでも即ゲーム化できるゲームエンジンの保持

最後にこの「Pineapple Pen」を開発した「Ketchapp」社について簡単に説明すると、「Ketchapp」社は、2014年設立のパリを拠点としたインディーゲームデベロッパー。他の人気のアプリのアイディアを上手く改良することによって成功してきた会社で、代表作は全世界7億のダウンロード数を達成したパズルゲーム「2048」です。このような世界的ヒット作を開発しているため、今年の9月にフランスの大手ゲーム会社Ubisoftに買収されました。

今回の「Pineapple Pen」の成功は、何と言っても「Ketchapp」社のヒットするコンテンツを見極める先見性とゲーム開発スピード。さらにどんなアイディアでも即ゲーム化できるゲームエンジンの保持と言えます。今回のゲームリリースまでの経緯を時系列で調べてみると、
 

  • 2016年8月25日:「PPAP」がYouTubeで公開
  • 2016年9月28日:ジャスティン・ビーバーが「PPAP」をツィート
  • 2016年9月29日:「Ketchapp」社が「Pineapple Pen」アプリをリリース

となっています。
一般的には「PPAP」はジャスティン・ビーバーのツィートによって人気が出たと言われていますが、上記のスケジュールによれば、ジャスティン・ビーバーのツィート翌日にすでにアプリがリリースされています。

従って逆算すれば、ゲーム開発は「PPAP」がYouTube上に公開された直後に開始されたことが想像できます。恐らく「Ketchapp」社は、「PPAP」をYouTube上で発見した瞬間にその将来性を確信してそのゲーム開発を開始し、約1ヵ月程度の開発期間でこのアプリをリリースしたと思われます。
またそれを可能にするためには、どのようなアイディアでもそれを即ゲーム化できるゲームエンジンを多数所有していたことが想像できます。

「Pineapple Pen」の成功は、ヒットするコンテンツを見極める先見性と、実際の開発スピード。さらに開発スピードを短縮できるゲームエンジンを所有することによって成し得た結果と考えられます。今回の例は、日本のゲーム開発会社の方々にも今後のゲーム開発に関して非常に参考になる成功事例の一つと言えます。

「PRIORI DATA」とは

「PRIORI DATA」は、2013年設立、ドイツ、ベルリンに本社を持つ、スマートフォンアプリ市場分析データ会社です。Apple App Store、Google Play上でランキングされている全アプリの推定ダウンロード数、売上金額データを提供しています。

提供データ可能国数は57カ国で、ゲーム・サブカテゴリを含む全カテゴリのデータを提供可能です。スタートアップのアプリ開発会社でも購入できる価格帯で、無料トライアルも可能です。国内ではCESA監修「CESAゲーム白書2016」、モバイルコンテンツフォーラム監修「スマホ白書」、「ファミ通モバイルゲーム白書」の公式モバイルデータとして採用されています。

詳しくは、www.prioridata.netをご覧ください。

[新春キャンペーン]アプリ市場データ速報を特別価格でご提供!