お役立ち情報ブログ

Tapjoy Japanインタビュー:アイコンの色合い・ユーザーのゲーム
スタイルも全て異なる!?日本とアメリカゲームアプリの違いとは

Column 010

2013年7月31日

TapjoyJapan(http://www.tapjoy.com/)

前回の記事に引き続きTapjoy Japan様のインタビューをご紹介します。前回の記事ではアメリカ、北米市場で一般的に活用されているプロモーション方法について伺いましたが、今回はこれまで数多くのアメリカのゲームアプリを見てきたTapjoy Japan様にアメリカのゲームと日本のゲームの違いを様々な面から教えてもらいました。

アメリカのゲームと日本のゲームの違いと気をつけるべき点

貴社ではこれまでアメリカのゲームを数多く見ていらっしゃるかと思うのですが日本のゲームと北米市場に出ているゲームの違いや気をつける点はありますか?

まずは、よく言われていることだと思いますがカルチャライズの点でしょうか。

文化が違うのでやはりキャラクターデザインやバトルの仕組み等好みも異なります。

先日アメリカ本社の人間が行ったプレゼンで面白いな、と思ったことがあったのですが、「アイコンデザインが重要だ!」

ということを言っていた方がいたんです。

いまさら…?と思ったのですが、アイコンの色合いが重要で、オレンジと青がいいって言うんです。

日本人だとなんかあまりきれいな色合いではないな…という気がするんですけど、確かにキャンディークラッシュサーガや、Kingdoms of Camelot等、北米市場トップランクに入っているアプリはオレンジと青を取り入れているんですよね…。

そのプレゼンテーションによると、どうやらハリウッドで作られる映画のポスターでもこういう色合いが多いみたいです。

またユーザーの半数が女性、というのも大きな特徴でしょうか。
30歳代が最もユーザー数が多いというのは日本とも近いかもしれないですね。

あと注目すべきはタブレット。
北米市場に進出するのであればタブレット対応をすることをお勧めします。
以前見た統計ですとアメリカの男性の3分の1がタブレットを保持しているようです。

日本ユーザーのゲームスタイルと異なる点として、日本では通勤・通学の短い移動時間でゲームをするケースが多くそのようにゲームが設計されていますが、アメリカでは車社会で移動中にゲームをする、ということはあまりありません。

そのため、タブレットのようにグラフィックもきれいなゲームを本格的なゲームとして、ほとんどWii等のコンソールゲームをやる間隔でプレイしていることが多いです。

(Appanieのランキングを基にiPadとiPhoneランキングを比較)

アメリカの会社は広告マネタイズ・アプリ内課金両方を利用したマネタイズ

日本ではFree-to-Playでアプリ内のアイテムやガチャによる課金で売上をあげていますがアメリカではアプリ内課金が少ない印象があるのですがマネタイズはどうなっているのでしょうか。

日本では恐らくユーザーの中でアプリ内課金をすることが普及しているためほとんど多くのアプリがアプリ内の課金でマネタイズしています。

一方アメリカでは日本ほど課金ユーザーがいないためマネタイズ方法は注意した方がいいかもしれません。

アメリカの会社ではアプリ内課金だけでなく、広告でマネタイズをしそれぞれ半々の売上をあげているケースが一般的です。

 

スタートアップや小規模の開発会社が活躍する北米市場

日本のランキングでは上位に多くのコンソールゲーム会社がランクインをしていたり、ある程度大きい会社が上位にランクインしている印象があります。アメリカではどうなのでしょうか。

アメリカではスタートアップの開発会社がバリバリと作って配信しています。

恐らくアメリカにはガラケーの時代がなくモバイルのノウハウがどこにもなかったので、今まさしく色々なスタートアップがチャレンジしている時期なのではないかと思います。

また日本では一度ゲームがあたると、追加で様々なゲームを出していきますが、北米市場に出している会社は少ないアプリで戦っていく傾向があります。

 

最後に

色々お話を伺っている中で、たとえプラットフォームが統一化されていても
やはり色々現地のことを知る必要はありそうですね。
本日はインタビューにご協力いただきありがとうございました!
最後に一言お願いします。

北米市場にはまだまだ勝ち組がなく、スタートアップでも可能性が十分ある状況ですので是非挑戦していただけたらと思います!

タップジョイでもサンフランシスコ本社と常に連携して最新の情報を得ていますのでいつでもご相談ください!

(Tapjoy様のご連絡先:teamjapan@tapjoy.com)

 

[新春キャンペーン]アプリ市場データ速報を特別価格でご提供!