お役立ち情報ブログ

アメリカAppstoreゲームジャンルの売上げランキングを見てみた

Column 003

2013年2月5日

徐々に徐々に日本のSAPが北米を中心とした海外マーケットに進出していますが売れてるアプリはどういった会社が出してるのかなどなど定期的にランキングをチェックしていきたいと思います!

アメリカAppstore ゲームジャンル売上げランキング(2013年2月3日調べ)

まずは2月3日にApp Annieで確認したトップ30のランキングです。

一部SAP様から「何ヵ国語まで対応したらいいですかね・・・」というご相談をいただいていたので、今回はトップレベルのアプリがどの言語までカバーしているのかと、提供会社はどの国の会社なのかも一緒に見てみました!

グローバルマーケット英国

30アプリ中13アプリが多言語展開してますね。特に売上上位に常に食い込んでいるPoker by Zyngaは18言語も対応しています。

(ちなみにブークモール語とはWikipediaによるとノルウェー語の二つの公式の書き言葉のうち、もっとも一般的に使われているものらしいですよ!初めて知りました・・)

また提供会社の国は30分の14と約半数がアメリカ以外の国です。なかなか日本だとこういった現象は見られないかと思いますがそれだけローカルの会社ではなくても上位が狙えるということですね。

アメリカ以外の国ではヨーロッパが多いもののバラバラですね。以外に北欧が目立ちます。また日本も5タイトルランクイン!素晴らしいですね!おめでとうございます。ここにどんどん続いていきたいですね!

多言語展開アプリの対象言語

さて、多言語展開について上の表だと見づらいので、実際にどこの言語が多いのかを棒グラフにしました。

グローバルマーケットドイツ

やはりフランス・ドイツ・イタリア・スペインのEU5の言語が最も多いです。

個人的な感想としてはオランダ語が多かったことが意外でした。 少しググってみたらオランダのゲーム産業って結構盛んで成長してるみたいですね。

「欧州のゲーム産業集積地――オランダ」

http://www.nfia-japan.com/reports.html?id=96

 また2011年にはEUがオランダのゲーム産業振興に約4.5億円 (400万ユーロ)の大規模投資をしたそうですよ。

http://www.nfia-japan.com/news.html?id=106


今後も引き続きランキングチェックはしていきたいと思います!また次回以降は今年注目の韓国や中国も入れていきますのでお楽しみに!

[新春キャンペーン]アプリ市場データ速報を特別価格でご提供!