お役立ち情報ブログ

韓国でのAndroid売上がヨーロッパ諸国を抜き第三位に!
 各国・各プラットフォームのダウンロード数及び想定売上データ

Column 002

2013年1月25日

 

前回に引き続きインターアローズ社と共催で行なっている海外展開向けセミナーのデータから、今回は各国のスマートフォンプラットフォームにてどのくらいのダウンロード数があり売上規模があるのかをご紹介したいと思います。

日本は上位ランキングにいるゲームの売上は非常に高いことで有名ですが、では海外はどうなのか?プラットフォームごとに上位200位の平均ダウンロード数と売上規模を示したデータ国別でご紹介します。

海外にアプリを出した際に一定の売上規模を狙えるか等の参考にしてみてください!

iPhone・iOS

まずは売上の高さ等から最も注目されているiPhoneのアプリから

App Store、無料アプリ上位300位の1日当たりのダウンロード数

まずは全体数も多いiOSの無料アプリのダウンロード数から。上位300位の1日当たりのダウンロード数ではアメリカがトップ。続いて中国、日本となっています。

グローバルマーケット米国

App Store、有料アプリ上位300位の1日当たりのダウンロード数

では一方で有料アプリの方はいかがでしょうか。トップは引き続きアメリカですが二位は中国からイギリスに変わり、三位は引き続き日本となっています。中国のダウンロード数が大幅に変わっています。

グローバルマーケット英国

App Store、売上上位200位の1日当たりの売上金額

ダウンロード数はわかりましたが、では実際の売上金額はどうなのでしょうか。 順位は一位アメリカ、二位日本、三位はイギリスとなっており、ダウンロード数と比較しても日本の1ユーザーに対する売上が多いことが見受けられます。

グローバルマーケットドイツ

iPad・iOS

続いてアメリカを中心に注目されつつあるiPadを見てみましょう。

App Store、無料アプリ上位300位の1日当たりのダウンロード数

やはりトップはアメリカですが注目は二位の中国。既にアメリカに迫りつつある勢いのダウンロード数です。一方で日本はヨーロッパ諸国と比較してもやや少ないようですね。

グローバルマーケット日本

App Store、有料アプリ上位300位の1日当たりのダウンロード数

続いて有料アプリの方です。iPhone同様中国では有料アプリはダウンロードされていないですね。

App Store、売上上位200位の1日当たりの売上金額

イギリスの売上はiPhoneに迫る勢いですね。日本も売上金額になると他国と比べ高くなっています。

Android

最後にダウンロード数のデータはありませんが、Androidの各国売上金額です。

Google Play、売上上位200位の1日当たりの売上金額

注目は三位の韓国。ヨーロッパでの売上は低いものの韓国ではEU5合計と同じくらいの売上をあげています。またやはりiPhoneと比較すると売上は少なく、トップのアメリカはiPhone売上金額の三分の一となっています。


全体の市場規模を見るとやはりアメリカがダントツで最大のマーケットといえます。またアメリカではiPadが総売上の3割を占めており今後の成長が期待されます。

 

いかがでしたでしょうか。市場規模はアメリカがやはり世界最大であり、日本の売上もトップクラスではありますが、今後の成長のために急成長中の韓国やマネタイズモデルがまだ見えにくいながらもユーザー数がトップクラスに多い中国にも2013年はかなり注目が集まっていくのではないでしょうか。

[新春キャンペーン]アプリ市場データ速報を特別価格でご提供!